一覧に戻る>
昔のくらし展
  • 開催日:2020年12月5日 ~2021年2月21日


 
 
開催概要:
昔の人が大事に使っていた資料を通して、道具やくらしが変わってきたことや、人々のどんな知恵や願いが込められていたのかを紹介し、芦屋をはじめとした、郷土の生活の歴史に関する展示をします。
今年度は、「昔の生活」のほか、芦屋でかつて生産されていた焼物「打出焼」の特別展示や、2020年6月に「日本遺産」に認定された「「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷」の関連展示を行います。

 
会期:
2020年12月5日(土)-2021年2月21日(日)
午前10時-午後5時(入館は午後4時30分まで)
  
休館日:
月曜日(ただし、祝日の場合は開館、翌日休館)
年末年始(2020年12月28日(月)-2021年1月4日(月)
2021年2月8日(月)-2月12日(金)
 
会場:芦屋市立美術博物館 1階歴史資料展示室
 
観覧料:同時開催の展覧会に準ずる
①2020年12月5日(土)-2021年2月7日(日)
※「迷路絵本 香川元太郎の世界展」開催中
一般1,000(800)円、大高生700(560)円、中学生以下無料
②2021年2月13日(土)-2月21日(日)
無料
 
主催:芦屋市立美術博物館
 
展示点数:計60点
 
関連イベント:
2021年2月13日(土)、2月14日(日) 両日とも14時~14時30分
打出焼ギャラリートーク 藤川祐作氏(地域史研究家)

 
主な展示品:

 
 
1. ラジオ(大正~昭和頃)
2. シンガーミシン(大正時代頃)
3. 蓄音機(大正~昭和頃)
4. 打出焼 (黒釉菊文仙人像付盃)
 
 
展示リストはこちら
日本遺産展示についてはこちら