イベント・プログラムこれまで

イベント・プログラムこれまで

  • 【まなびはく2018】8月 藤本由紀夫「薄い世界について」

    • 講義室
    • 開催日:2018年8月18日
    芦屋市立美術博物館でさまざまなイベントを開催するアートスタディプログラム「まなびはく 2018」がスタートします。美術家や美術史家、小説家、学芸員と一緒に芸術や歴史の面白さ・楽しさ・難しさなどを発見する講座や街歩きを開催。みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!



    「薄い世界について」

    マルセル・デュシャンの造語である「アンフラマンス」、そして稲垣足穂が「薄板界」と名付けた「薄い世界」。彼等によると私たちの住む日常の世界には無数の「薄い世界」が存在しているらしい。彼等が思い浮かべた薄い世界は21世紀になり、リアリティを増してきている。この「薄い世界」について考えてみる。


    ーそうです。この街は地球上の至る所にあります。ただ目下のところたいへん薄いだけです。だんだん濃くなってきましょう。
        
    稲垣足穂「薄い街」




    ■日 時:2018年8月18日(土) 14:00-15:30

     

    ■会 場:講義室

     

    ■定 員:80名

     

    聴講無料/申込不要、直接会場へお越しください。


    【講師紹介】

    藤本由紀夫(ふじもとゆきお)

    1950年名古屋生まれ。大阪芸術大学音楽学科卒。主な個展に1997年から2006年まで10年間毎年1日のみ開催された展覧会「美術館の遠足」西宮市大谷記念美術館(兵庫)、2001「四次元の読書」CCGA現代グラフィックアートセンター(福島)、2006年「ここ、そして、そこ」名古屋市美術館(名古屋)、2007年「ECHO – 潜在的音響」 広島市現代美術館(広島)、「哲学的玩具」西宮市大谷記念美術館(兵庫)、「+/-」 国立国際美術館(大阪)、「関係」 和歌山県立近代美術館(和歌山)など。主なグループ展に2001年「第49回ヴェニス・ビエンナーレ」、2007年「第52回ヴェニス・ビエンナーレ」(ヴェニス)など。80年代半ばより日常のなかの「音」に着目した装置、サウンド・オブジェを制作。インスタレーションやパフォーマンス、ワークショップを通じて、空間における「音」の体験から新たな認識へと開かれていくような活動を展開している。

     

  • 【チャペック展】uminohi コーヒー 7/16

    • 前庭
    • 開催日:2018年7月16日



    【チャペック兄弟と子どもの世界展】

    「チャペック兄弟と子どもの世界」展のお供にアイスコーヒーはいかがでしょうか。

    夏の暑い日にお越しくださったお客さまへささやかな感謝の気持ちとして

    7月16日の海の日にちなみ、職員のお手製「uminohiコーヒー」をご用意いたします。

    当日は芦屋市立図書館にご協力いただき、お庭で本をお楽しみいただけるコーナーも。

    この機会にぜひ芦屋美博でおくつろぎください。




    ○開催日: 7月16日(月・祝) 14:00~16:30

    ※コーヒーは数に限りがございます。ご了承ください。

  • 【チャペック展】 毎週水曜日は「トークフリーデー」

    • 開催日:2018年7月4日 ~2018年9月5日



    【チャペック兄弟と子どもの世界展】

    会期中の毎週水曜日は「トークフリーデー」(会話を楽しむ美術の時間)



    〇開催日:7月4日、11日、18日、25日、8月1日、8日、15日、22日、29日、9月5日


    ご家族やお友だちと自由におしゃべりを楽しみながらご鑑賞いただける日を設けました。

    お気に入りの作品を見つけて会話を楽しんでいただこうという取り組みです。

    小さなお子さまとご一緒の方もリラックスして、ぜひご来館ください。




  • 【チャペック展】上映会「20世紀前半のチェコのアニメーション」

    • 開催日:2018年7月29日

    特別展「チャペック兄弟と子どもの世界」の関連イベントとして、上映会を開催します。


    上映会「20世紀前半のチェコのアニメーション」 

    日時
    ①7月29日(日)
    ②8月19日(日)
    両日とも14:00‐ 約1時間


    会場
    講義室

    参加費
    無料、ただし要展覧会チケット

    申し込みは不要です。直接会場へお越しください。


    プログラム:
    『二人の少年と一匹の犬が走り回るのを見てごらん!』(原題:Vizte vse, co tropi dnes dva kluci a jeden pes 1925年 7分)
    『フィリックス・ザ・キャット;海の上の水兵さん』(原題:Plavcíkem na slane vode 1929年 9分)
    『子どもたち(靴メーカー・バチャの広告)』 (原題:Nase deti 1935年 6分)
    『ユビキタス君の冒険』 (原題: Vsudybylovo dobrodruzstvi 1936年 8分)
    『ルチェルナ宮の秘密』(原題:Tajemstvi lucerny 1936年 2分)
    『失敗作のニワトリ』(原題:Špatně namalovaná slepice 1963年 14分)


    *基本的にチェコ語のアニメーションですが、当日、日本語の解説があります。
    *DVDでの上映です。

  • 【チャペック展】ミュージアム de おはなしの会

    • 開催日:2018年7月22日

    特別展「チャペック兄弟と子どもの世界」の関連イベントとして、チェコの絵本の読みきかせと、図書館のおはなし会で語られている昔話をお話します。


    ミュージアム de おはなしの会

    日時
    ①7月22日(日)
    ②8月5日(日)
    両日とも11:00‐11:30


    内容(予定)
    7月22日
    おはなし 『おいしいおかゆ』(グリムの昔話)
    絵本   『かあさんねずみがおかゆをつくった』(絵:ヘレナ・ズマトリーコバー) など

    8月5日
    おはなし 『12のつきのおくりもの』(スロヴァキアの昔話)
    絵本   『おおきくなったら』(絵:ヨゼフ・ラダ) など


    会場
    講義室

    参加費
    無料、ただし要展覧会チケット

    申し込みは不要です。お気軽にご参加くださいませ。

    協力
    芦屋市立図書館、ボランティアグループ・ムギの会

  • 【チャペック展】ギャラリートーク

    • 開催日:2018年7月21日

    特別展「チャペック兄弟と子どもの世界」の関連イベントとして、担当学芸員によるギャラリートークを開催いたします。


    ギャラリートーク

    日時
    ①7月21日(土)
    ②8月11日(土)
    両日とも14:00‐ 約1時間(予定)


    会場
    展示室

    参加費
    無料、ただし要展覧会チケット



    申し込みは不要です。お気軽にご参加くださいませ。

  • 【チャペック展】ワークショップ 参加者募集

    • 体験学習室
    • 開催日:2018年7月28日

    「チャペック兄弟と子どもの世界」展関連イベント
    ワークショップ「版画で描こう絵本の世界」



    やわらかいボードを使って版画を作ります。展覧会を鑑賞したあと、自分だけの絵本の世界を描いてみましょう。出来上がった作品はフレームに入れて飾ったりハガキとしても楽しめます。


    ■日 時
    7月28日(土) 13:30~15:30


    ■会 場
    当館1階 体験学習室


    ■対 象
    小学生以上のどなたでも


    ■定 員
    30名


    ■材料費
    300円


    ※汚れても良い服装でお越しください。


     

    ————————— ≪申し込み方法≫ —————————



    7月15日(日)までに、当館まで電話で以下の内容をお知らせください。


    ○住所、氏名、年齢(子どものみ)、電話番号

    ○電話:0797-38-5432

    ※応募者多数の場合は抽選

     

     

  • 「まなびはく 2018」【講師変更のお知らせ】

    • 開催日:2018年6月9日
    芦屋市立美術博物館でさまざまなイベントを開催するアートスタディプログラム「まなびはく 2018」がスタートします。美術家や美術史家、小説家、学芸員と一緒に芸術や歴史の面白さ・楽しさ・難しさなどを発見する講座や街歩きを開催。みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!



    【講師変更のお知らせ】
    講師が渡部直己氏から福嶋亮大氏に変更となりました。

     

    福嶋亮大と福永信の〈普通の会話〉
    〜谷崎と小出を出発点に〜

    渡部直己氏が急遽来られなくなり、ピンチヒッターとして文芸批評家福嶋亮大さんをお迎えすることになりました。
    (渡部さんのトークを楽しみにしていてくださった皆様、すみません…)

    福嶋さんは渡部氏とも交流があり、谷崎潤一郎についても著書で論じられています。
    また美術や建築、映画にも造詣が深い、気鋭の文芸批評家です。

    二人のトークは、谷崎潤一郎と小出楢重の話題からスタートするものの、徐々に離れていく予定です。
    「とても最初が谷崎、小出の話だったとは信じられない!」と後でびっくりするくらい、遠くまで行くいくつもりです。
    それが文学だと思うから。

    時間がありましたら、ぜひ気軽にお越しください。
    一人でいらしても、きっと楽しいと思います。

    なお、会場には、この時間のためだけに、当館所蔵の谷崎潤一郎による小出宛書簡、
    小出楢重による可愛いイラスト付き家族宛の書簡等を特別展示いたします。

    トーク後のお楽しみと言いますか、終わったら有志で、お隣の谷崎潤一郎記念館を訪ねたいと思います。
    (福永信)




    ■日 時:2018年6月9日(土) 14:00-15:30

     

    ■会 場:講義室

     

    ■定 員:80名

    聴講無料/申込不要、直接会場へお越しください。


    【講師紹介】

    福嶋亮大(ふくしまりょうた)
    1981年生まれ。文芸批評家。立教大学准教授。著書に『神話が考える ネットワーク社会の文化論』、『復興文化論 日本的創造の系譜』(サントリー学芸賞)、『厄介な遺産 日本近代文学と演劇的想像力』(やまなし文学賞、共に青土社)。最新刊に『辺境の思想 日本と香港から考える』(共著、文藝春秋)。

     

    福永信(ふくながしん)
    1972年生まれ。小説家。主な編著に、子供ための現代美術のアソロジー『こんにちは美術』(岩崎書店)、大人のための現代文学アンソロジー『小説の家』(新潮社)など。2015年早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞。
     

  • 【万葉のセゾン展】講演会

    • 講義室
    • 開催日:2018年6月10日

    展覧会「万葉のセゾン(saison) ―奈良県立万葉文化館 季節のコレクション―」の関連イベントとして、講演会を開催いたします。




    講演会「万葉日本画を楽しく見るために」



    日時:6月10日(日) 14:00~15:00

    講師:上野 誠氏(奈良大学教授)

    会場:当館1階講義室

    定員:80名

    参加費:無料、ただし要展覧会チケット



    申し込みは不要ですので、当日1階講義室までお越しくださいませ。

  • 【万葉のセゾン展】ギャラリートーク

    • 開催日:2018年6月3日

    展覧会「万葉のセゾン(saison) ―奈良県立万葉文化館 季節のコレクション―」の関連イベントとして、担当学芸員によるギャラリートークを開催いたします。


    ギャラリートーク

    展示室において当学芸員によるギャラリートークを行います。

    日時
    ①4月29日(日)
    ②5月13日(日)
    ③6月3日(日)

    各日14:00~15:00

    講師
    本展担当学芸員

    会場
    展示室

    参加費
    無料、ただし要展覧会チケット


    申し込みは不要ですので、当日に1階受付前までお越しくださいませ。