一覧に戻る>
【まなびはく2018】10月 木下直之「駅前広場・駅前彫刻のある町/ない町」
芦屋市立美術博物館でさまざまなイベントを開催するアートスタディプログラム「まなびはく 2018」。美術家や美術史家、小説家、学芸員と一緒に芸術や歴史の面白さ・楽しさ・難しさなどを発見する講座や街歩きを開催いたします。みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!



講座「駅前広場・駅前彫刻のある町/ない町」

 

■講師:木下直之(東京大学教授・静岡県立美術館長)

 

■日 時:2018年10月13日(土) 14:00-15:30

 

■会 場:講義室

 

■定 員:80名

 

聴講無料/申込不要、直接会場へお越しください。


【講師紹介】

木下直之(きのしたなおゆき)

1954 年浜松生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授、静岡県立美術館長。19 世紀日本の文化を、美術・写真・見世物・祭礼・記念碑・博物館・動物園・戦争などの観点から研究している。主な著書に『美術という見世物』(平凡社1993/ サントリー学芸賞)、『股間若衆―男の裸は芸術か―』(新潮社 2012)、『銅像時代』(岩波書店2014)などがある。