一覧に戻る>
2022年12月1日
学芸員コラムについて

【学芸員コラム】
 
このたび、改修工事に伴う一時休館(2022年7月―2023年3月予定)にあたり、
当館ホームページにて学芸員によるコラムを掲載いたします。
※各月更新予定
 
休館中におきましても 学芸員コラムを通じて、美術博物館および学芸員の
活動をより広く知っていただければ幸いです。
 
 
第一号となる2022年7月コラムを掲載しました!
学芸員コラムvol.01 2022年7月1日発行
北原照久コレクション展 実施報告
『驚き・感動・心温まる「庶民の文化遺産」を次の世代へ』
 
2022年8月コラムを掲載しました
学芸員コラムvol.02 2022年8月1日発行
『夏休みに絵を描こう!-美博コレクション作家からのアドバイス』
 
2022年9月コラムを掲載しました
学芸員コラム vol.03 2022年9月1日発行
『芸術家の集う場所 芦屋の美術-近代以降』
 
2022年10月コラムを掲載しました
学芸員コラムvol.04 2022年10月1日号
『芦屋の戦国時代』
 
2022年11月コラムを掲載しました
学芸員コラムvol.05 2022年11月1日発行
『画家にとってのデッサン ―小出楢重の場合』
 
 
2022年12月コラムを掲載しました!
学芸員コラムvol.06 2022年12月1日発行
『芦屋カメラクラブ 写真文化を浸透させた重要な地、芦屋』
 
【美博だより】
 
美術博物館では2019年度より、年に一度『美博だより』を発行しています。
上記刊行物には、
 
・展覧会の紹介および報告
・学芸員のコラムや研究ノート
・館蔵品紹介
 
を主な内容として掲載し、美術博物館および学芸員の活動について紹介しています。
 
※最新の2021年度『美博だより』はこちら↓
『 美博だより(2021年度) 』