一覧に戻る>
開館30周年記念 特別展 限らない世界 / 村上三郎
  • 開催日:2021年12月4日 ~2022年2月6日


 
プレスリリース  / 出品リスト
 
 

会期 2021年12月4日(土)-2022年2月6日(日)
休館日 月曜日(ただし1月10日は開館、1月11日は休館)、年末年始(12月28日-1月4日)
開館時間 10:00-17:00(入館は16:30まで)
会場 芦屋市立美術博物館
観覧料 一般800(640)円、大高生500(400)円、中学生以下無料
同時開催「昔のくらし」展の観覧料含む
※ 無料観覧日:2022年1月15日(土)〔関西文化の日プラス〕
※( )内は20名以上の団体料金
※ 高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護者の方は各当日料金の半額になります。    
主催 芦屋市立美術博物館
後援 兵庫県、兵庫県教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、神戸新聞社、NHK神戸放送局、Kiss FM KOBE

 
 
 
《展覧会概要》
 
 具体美術協会(「具体」)の中心メンバーとして知られる村上三郎(1925-1996)は、1955年の第1回具体美術展で、ハトロン紙を体当たりで突き破る作品、通称〈紙破り〉を発表。以降、この〈紙破り〉は村上の代名詞ともいえる作品となりました。50年代から60年代にかけては、パフォーマンス的要素をもつ作品とあわせ、強烈なストロークで描かれた大型のタブローなどを発表し、平面作品での表現を追求していきます。「具体」解散後は、村上独自のパフォーマンス的要素を持つ作品を発表しました。
 村上が紹介される時、「具体」の会員としての一面で語られることが多い中、1996年に当館で開催した村上三郎展では、「具体」という枠組みを解体し、一作家、一人の人間としての「村上三郎」の世界に迫りました。
 本年は、この歴史を画する村上三郎展から、そして村上三郎の旅立ちから25年を迎えました。この記録すべき年に、再び村上三郎展を開催いたします。
 
 村上は、1949年より伊藤継郎に師事し新制作協会で発表を続けます。同会展で人物画や風景画を出品するなか、次第に抽象表現へと移行していきました。それは、同会の若手作家たちが集った「ジャン会」や新鋭な美術を目指した若手作家グループ「0会」での活動によるところが大きく、「具体」入会前夜の活動を知ることは、村上の「絵画」に対する思考を再確認することになると考えます。また、50年頃から終生携わることになった児童を対象とした美術教育の活動を振り返ることは、常に自由で新鮮な創造行為を続けてきた村上の発想の源泉に触れることにもなるでしょう。
 本展では、「具体」の代表作や70年代の個展とともに、これまで紹介されることが少なかった新制作協会時代の作品を展観します。あわせて、〈紙破り〉の資料展示とともに、未発表であった作品制作のためのメモや関係資料、記録写真や映像資料などを加え、約50年にわたる活動を多角的に紹介します。
 本展は、村上三郎を形作る別の根幹に触れながら、新たな村上三郎像を立ち上がらせる試みです。
 
 
 
《展覧会構成》
 
 本展では、村上三郎の約50年にわたる活動を4章に分け、多角的に紹介します。
展示予定作品約50点、資料約100点を一堂に展観。
 
Ⅰ:出発 / 新制作協会 1943―1954
Ⅱ:探究・追求/具体美術協会 1955―1972
Ⅲ:回帰 / 個展 1971―1977
Ⅳ:絵は自由 / 美術教育 1950―1995, 芦屋市展 1952―1994
  
 
※コーナー名等は、都合により変更する可能性があります。
 

 
 
 

1. 村上三郎 《河小屋》1952年 油彩、カンヴァス 芦屋市立美術博物館蔵
2. 村上三郎 《作品》 1953年 油彩、カンヴァス 大阪中之島美術館蔵
3. 村上三郎 《空》  1956/1993年 ブリキ、布、木、鉄 個人蔵
4. 村上三郎 〈通過〉 1956年 第2回具体美術展
5. 村上三郎 《作品》 1957年 ミクストメディア、板 芦屋市立美術博物館蔵
6. 村上三郎 《作品》 1958年 合成樹脂塗料、カンヴァス 芦屋市立美術博物館蔵
7. 村上三郎 《作品》 1959年 合成樹脂塗料、カンヴァス、コラージュ  個人蔵
8. 村上三郎 《作品》 1963年 合成樹脂塗料、石膏、接着剤、綿布、板 兵庫県立美術館蔵
9. 村上三郎「箱」個展 1971年 撮影:夏谷英雄 *記録写真
10. 村上三郎個展〔拍子木〕 1973年  撮影:夏谷英雄 *記録写真
11. 村上三郎展「自同律の不快」芳名帳 1977年 国立国際美術館蔵
     撮影:福永一夫
12. 仁川幼稚園 1985年 撮影:塩野真孝
13. 第25回芦屋市展ポスター 1972年 個人蔵 デザイン:村上三郎
     *中央部分が四角くくりぬかれ、背後がポスターの一部に切り取られるデザイン。

 
 
《本展のみどころ》
 
1 国内の美術館では初公開の作品を多数展示予定。
 本展では、《自画像》(1950前半)や村上彦(三郎)・白髪一雄二人展出品作である《危険なる均衡》(1954)といった、「具体」参加以前の作品のほか、第9回具体美術展に出品されてから所在不明であった《作品》(1960)、モチーフが大きく変化した1964年の具体美術新作展出品作《作品》(1964)〔すべて個人蔵〕など、当時の発表以降、国内の美術館では初の展示となる作品を一挙公開します。
また、1956年7月の野外具体美術展(芦屋公園)に出品した《空》(1956/1993)を屋外で展示し、当時の鑑賞方法を再現します(鑑賞体験は日時限定を予定)。
 
2 未公開の作品制作メモや関係資料、記録写真・動画などの資料を展示します。
 村上三郎が残した作品制作に関するメモや当時の手帳、記録写真といった未公開の資料のほか、新制作協会やジャン会、0会、具体美術協会、個展(1970年代)、などの関係資料を展示します。あわせて、村上の代名詞とも言われる、通称〈紙破り〉の関係資料(写真・映像記録等)を展示し、村上三郎が歩んだ時間を可視化します。
 
3 専門家による講演会、スライドトークを開催します。  
 本展関連事業として、具体美術協会など戦後美術を研究している平井章一氏(関西大学文学部 教授)、1996年に芦屋市立美術博物館で開催した村上三郎展を企画した山本淳夫氏(横尾忠則現代美術館 館長補佐兼学芸課長)、村上三郎作品の修復を手掛けた横田雅人氏(修復家)の3名をお招きし、「村上三郎」の作品論・芸術論などについてお話いただきます。
併せて、会期中に学芸員によるワークショップやギャラリーツアーを開催します。
 
 
《作家紹介》
 
村上三郎 Murakami Saburo
1925-1996
 神戸市に生まれる。1943年関西学院大学予科に入学。神原浩に師事、油絵を始める。1948年関西学院大学文学部哲学科卒業。1949年伊藤継郎に師事、翌年より新制作協会展に出品を続ける。1951年関西学院大学大学院で美学を専攻。1951年より新制作協会で活躍していた西村元三朗や網谷義郎、白髪一雄らと集まった「ジャン会」、1954年には新鋭な美術家を目指した金山明や白髪ら若手研究グループ「0会」へ参加。その間の1952年の第5回芦屋市展に初出品、以降1994年の第47回展まで出品を続けた。1955年具体美術協会(「具体」)に参加、同年の第1回具体美術展でハトロン紙を体当たりで突き破る作品、通称〈紙破り〉を発表。1957年の第6回関西総合美術展洋画部門で木箱《作品(坐って下さい)》を出品し物議をかもす。また、同年の第3回具体美術展では、画面が剥落し続ける絵画を出品した。50年代から60年代にかけては、パフォーマンス的要素を持つ作品とあわせ、強烈なストロークで描かれた大型のタブローなどを発表し、平面作品での表現を追求した。「具体」解散後は、会期中一言も発しない〔無言〕に代表される、能動的な表現を放棄したかのような作品群を発表した。
 当館では、新制作協会に出品していた時代の作品から、具体美術協会で活躍していた時期、解散以降の作品12点(組)を所蔵している。
 
 
 
《展覧会関連イベント》
 
(1)講演会「〈紙破り〉の過去・現在・未来」

講 師:平井章一(関西大学文学部 教授)
日 時:2021年12月12日(日)14:00-15:30
会 場:芦屋市立美術博物館 講義室
定 員:60名
申し込み不要、直接会場へお越しください。

 
(2)講演会「存在に理由はない― 村上三郎の芸術について」

講 師:山本淳夫(横尾忠則現代美術館 館長補佐兼学芸課長)
日 時:2022年1月10日(月・祝)14:00-15:30
会 場:芦屋市立美術博物館 講義室
定 員:60名
申し込み不要、直接会場へお越しください。

 
(3)スライドトーク「村上三郎の絵画から見えてきたこと―修復家の視点」

講 師:横田雅人(修復家)
日 時:2022年1月23日(日) 14:00-15:30
会 場:芦屋市立美術博物館 講義室
定 員:60名
申し込み不要、直接会場へお越しください。

 
(4)学芸員によるワークショップ「絵具をつかって考えよう―村上三郎の絵画」

日 時:2021年12月19日(日)13:30−15:00
会 場:芦屋市立美術博物館 体験学習室
対 象:小学生以上 20名
要事前申込。12月10日(金)締切。
申込方法:氏名・住所・電話番号を電話(0797-38-5432)かEメール
(ashiya-bihaku@shopro.co.jp)にてお伝えください。
応募者多数の場合は抽選。

 
(5)学芸員によるギャラリートーク

日 時:2021年12月18日(土)、2022年1月15日(土)、29日(土)
いずれも14:00− 1時間程度
申し込み不要、直接会場へお越しください。
 
※いずれも参加費は無料(要観覧券)
※新型コロナウイルス感染症の状況により、イベント内容の変更または中止となる場合がございます。
詳細は事前に当館ホームページ、新型コロナウイルス感染症対策(芦屋市立美術博物館利用ガイドライン)」をご確認ください。