イベント・プログラム最新

  • *追加GT【芦屋の歴史と文化財】学芸員によるギャラリートーク new

    • 開催日:2019年6月16日 ~2019年6月29日

    *追加ギャラリートーク(GT)

     

    「芦屋の歴史と文化財」の関連イベントとして、担当学芸員によるギャラリートークを開催いたします。

     

    日時

    ①2019年6月16日(日)14:30~15:00

     

    ②2019年6月29日(土)14:30~15:00

     

    会場
    1階歴史資料展示室

     

    参加費
    無料、ただし要展覧会チケット

    申し込みは不要です。お気軽にご参加くださいませ。

  • 【まなびはく2019】6月 天野太郎 「美術を取り巻く環境が大きく変わってしまった事について」

    • 講義室
    • 開催日:2019年6月15日 ~年6月15日
    芦屋市立美術博物館でさまざまなイベントを開催するアートスタディプログラム「まなびはく 2019」がスタートします。美術家や学芸員と一緒に、美術の面白さ、楽しさ、難しさなどを発見する講座やワークショップを開催します。みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!



    講座「美術を取り巻く環境が大きく変わってしまった事について」

    2000年以降の本格的なデジタル社会や市場優先の社会を迎え、美術や美術館を巡る環境も大きく変化しました。どういった変化を見せたのか、それにどういった対応をすべきなのかを幾つカの例を上げならかお話しします。


    ■日 時:2019年6月15日(土) 14:00-15:30 (開場 13:30)

     
    ■会 場:講義室

     
    ■定 員:80名

     

    聴講無料/申込不要、直接会場へお越しください。


    【講師紹介】

    天野太郎(あまのたろう)

    札幌国際芸術祭2020総括ディレクター、横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員。大阪市生まれ。同志社大学文学部美学・芸術学専攻卒業。北海道立近代美術館勤務を経て、87年の開設準備室より横浜美術館で国内外での数々の展覧会企画に携わる。主な展覧会、「ニューヨーク・ニューアート チェース マンハッタン銀行コレクション展」(1989年)、「戦後日本の前衛美術」展(1994年、横浜美術館)、「森村泰昌展 美に至る病―女優になった私」(1996年、横浜美術館)、「ルイーズ・ブルジョワ」展(1997年、横浜美術館)、「奈良美智 I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」展(2001年、横浜美術館)、「ノンセクト・ラディカル 現代の写真III」(2004年、横浜美術館)、「横浜トリエンナーレ」(2005)キュレーター、「アイドル!」(2006年)、「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」展(2009年、横浜美術館)、「横浜トリエンナーレ」キュレトリアル・ヘッド(2011年、2014年、横浜美術館)
     

    まなびはく 6月チラシ(828kb)

  • *重要なお知らせ 【-描かれた神戸・大阪―】「阪神間モダニズム~その源流と伏流水」【講師変更のお知らせ】

    • 開催日:2019年4月14日 ~2019年4月14日

    講演会「阪神間モダニズム~その源流と伏流水」

     

    河内 厚郎氏が体調不良によりご登壇いただけなくなりました。
    つきましては、三宅 正弘(みやけ まさひろ)氏が講演会を務めます。
    楽しみにされていたお客様へ、心よりお詫び申し上げます

     

    三宅 正弘(みやけ まさひろ) 武庫川女子大学生活環境学部准教授
    1969年、兵庫県芦屋市生まれ。大阪大学大学院博士課程修了。博士(工学)。
    専門は都市計画・美食空間学。フランス人文学研究所・受入教授などを経て現職。大阪市・区長アドバイザーを務める。著書に『甲子園ホテル物語―西の帝国ホテルとフランク・ロイド・ライト―』(東方出版)、『遊山箱―節句の弁当箱―』(徳島新聞社)、『石の街並みと地域デザイン―地域資源の再発見―』(学芸出版)、『神戸とお好み焼き―まちづくりと比較都市論の視点から―』(神戸新聞総合出版センター)等多数。「ライト坂」の命名者でもある。

     

     

    展覧会「-描かれた神戸・大阪―阪神名勝図絵と青山政吉」の関連イベントとして、講演会を開催いたします。

     

    オープニング記念講演会「阪神間モダニズム~その源流と伏流水」


    日時:4月14日(日) 14:00~15:00

     

    講師:河内 厚郎氏(評論家・文化プロヂューサー)

    ■三宅 正弘(みやけ まさひろ)氏 武庫川女子大学生活環境学部准教授
    に、変更となりました。

     

    会場:当館1階講義室

     

    定員:80名

     

    参加費:無料、ただし要展覧会チケット

     

    申し込みは不要ですので、当日1階講義室までお越しくださいませ。

  • *再掲 2019春 ART MARKETあしやつくるば

    • 芦屋市立美術博物館 前庭
    • 開催日:2019年5月25日 ~2019年5月26日

    芦屋市立美術博物館の前庭で「ART MARKET あしやつくるば」を開催いたします。


    誰かがつくったものに触れたり、自分自身でつくることにチャレンジしてみたり、“つくる”ことから生まれる喜びや発見を共有するイベントです。
    手作り品やセレクト雑貨、食べ物、古書ブースが並ぶほか、お子様からでも楽しめるワークショップや音楽ライブなど内容はもりだくさん。

    ジャンルを越えたさまざまな交流や体験を通して、大人も子どもも楽しい時間を過ごしましょう!

     

    ■開催日時
    2019年5月25日(土)・26日(日) 10:00~16:00
    ※雨天中止、一部雨天実施の催しもあり。
    ※中止の場合は当日午前7時30分時点の天気で決定し、当ホームページにてお知らせいたします。

     

    ■出店内容
    手づくり品の販売、食品、古書店など約50店
    *チラシが完成しました!下記よりダウンロードして頂けます。
     
    2019春あしやつくるばチラシ
     

     

     

    LIVE・宝島ワークショップは、雨天時でも開催!
    日時:各スケジュール通り
    会場:LIVE…芦屋市立美術博物館 ホール
    宝島ワークショップ…芦屋市立美術博物館 体験学習室

     

    ■宝島ワークショップ【26日(土)のみ】

    さぁさぁ始まった!

    不要品を組み合わせて、君だけのオブジェを作ろう!

    それはお城?
    夢の潜水艦?
    未知なる飛行機か!

    想像力をカタチに!
    参加フリー、大人も子供も Come on & Let’s Go!!
    [2部制]①10:00-12:00 ②13:00-14:00
    ※上記の時間であれば、いつでも自由にご参加いただけます。

     

    参加費:無料
    対象:どなたでも ※ただし、未就学児は要保護者同伴
    定員:材料が無くなり次第締め切らせていただきます。
    講師:清水 大喜
     
    ――――――――――――――――――
     
    ■LIVE
     
    5月25日(土)
     
    ▼芦屋市立潮見中学校吹奏楽部▼
    第一部:11:00-11:30 / 第二部:13:30-14:00
     
    FASE
    出演時間:12:00-13:00
     


    青空突き抜けるウォータボイスが特徴。
    日々を生きるアナタにとって大事な曲になるように真っ直ぐな歌をメッセージとして届ける大阪発、ナチュラル系シンガーソングライター。
     
    5月26日(日)
     
    山口穂乃佳
    出演時間:11:00-12:00
     

    兵庫県出身。関西や岡山で活動をしているギター弾き語りシンガーソングライター。
    スガシカオのオープニングアクトを務めるなどいろいろな機会をいただきながらのんびり活動している。
     
    ツバクラメ
    出演時間:13:00-14:00
     

    企画・協力:night cruising
     
    京都のバンド、ツバクラメ。ツバクラメとは幸せを運ぶツバメの古い呼び名。
    思わず歌いたくなるキャッチーなメロディーとハーモニーはあなたをきっとハッピーにしてくれる。
     
    sheme
    出演時間:15:00-16:00
     

     
    2017年9月活動開始。愛しく、苦しく、悲しいような切ない日常を彩る歌を歌う、大阪北摂 シンガーソングライター。
     
    ――――――――――――――――――
     
    ■主催 芦屋市立美術博物館
     
     

  • 芦屋市アートマップ配布中!

    • 開催日:2019年2月1日

    2019年2月に「芦屋市アートマップ」を発行いたしました。芦屋市内にあるパブリックアート、石碑、博物館、ギャラリーなどをマップでご紹介しています。最寄り駅から美術館までの道のりや、いつも通る道の近くなど、市内を歩いて様々な発見をお楽しみいただければ幸いです。ご来館の際は、ぜひお手に取ってご覧くださいませ!当館受付カウンターや市役所4F生涯学習課などで無料配布中です。
     
    「芦屋市アートマップ」
    ■発行:2019年2月
    ■サイズ:A2 8つ折(折畳サイズA5)
    ■配布期間:無くなり次第終了
    ■配布場所:当館1F受付カウンター、市役所4F生涯学習課 など