展覧会 次回

  • 「交差するアーティストたち-戦後の関西」展

    • 第1展示室、第2展示室、ホール
    • 開催日:2017年7月15日 ~2017年9月18日

    開催趣旨:自由な表現、創作活動に制限のあった第二次世界大戦期を経たアーティストたちは、終戦の1945年以降、抑圧への反動を大きな力として様々な活動を進めていきました。新たなグループの結成、戦前に活動した団体の再興、今までにない表現の希求など、徐々に美術の動向は活発化します。それらの動きは、彼らが互いに強い影響を与え合って生まれたものと考えられます。本展ではコレクション作品のなかより、阪神間といわれる神戸から大阪を範囲とする地域ゆかりの長谷川三郎、吉原治良、津高和一を柱にして、アーティストたちの活動や交流を紹介します。

    開館時間:午前10時-午後5時(入館は閉館の30分前まで)

    休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日休館)

    観覧料:一般500 (400) 円、大高生300 (240) 円、中学生以下無料
    ()内は20名以上の団体料金。高齢者(65歳以上)及び身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、ならびにその介護の方は各当日料金の半額。

    主催:芦屋市立美術博物館

    後援:兵庫県、兵庫県教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、神戸新聞社、NHK 神戸放送局、FM802