イベント・プログラム最新

  • 【学芸員が語る vol.2 芦屋の歴史・文学・美術 】 new

    • 開催日:2019年3月10日 ~2019年3月10日
    学芸員が語る 芦屋の歴史・文学・美術


    「学芸員が語る vol.2 芦屋の歴史・文学・美術」



    ■講師:白谷 朋世氏(芦屋市教育委員会生涯学習課 学芸員)

    ■日 時:2019年3月5日(火) 14:00-15:30

     
    ■講師:井上 勝博氏(芦屋市谷崎潤一郎記念館 学芸員)

    ■日 時:2019年3月12日(火) 14:00-15:30

     
    ■講師:清水 和彦氏(芦屋市立美術博物館 学芸員)

    ■日 時:2019年3月26日(火) 14:00-15:30

     

    ■会 場:講義室

     

    ■定 員:60名 / 先着順

     

    参加無料 / 事前申込不要、直接会場へお越しください。


  • あしやつくる場出店者募集!

    • 開催日:2019年2月21日 ~2019年3月7日

    2019年春「ART MARKETあしやつくる場」 出店者募集のお知らせ


    当館のお庭で手づくり品の販売やワークショップなどを開催し、「つくる」ことを楽しみます。このたびイベント開催に伴い手づくり品の販売を実施してくださる出店者を募集いたします。食品以外の手づくり品であれば、どのようなものでも可能です。 

    日時:2019年5月25日(土)、26日(日) 10:00~16:00
    ※雨天中止-中止の場合は当日朝7:30に当館ホームページにて発表します。

    会場:芦屋市立美術博物館 前庭


    ————————— 手づくり品出店者募集 —————————


    ≪応募方法≫の通りお申込みください。



    ■募集期間
    ・2019年2月21日(木)~3月7日(木)必着
    ※メールの場合は3月8日(木)午前9:00まで受付
    ※応募者多数の場合は抽選

    ■出品内容
    ・個人またはグループによる手づくり品の販売、または、ワークショップの実施
    ※ワークショップの実施については、詳細をお尋ねさせていただく場合がございます。
    また、内容によって実施をご遠慮いただく場合もございますので予めご了承ください。
    ・食品・骨董・リサイクル・古着等の既製品を販売することはできません。
    ・作者本人(またはグループ)が店頭に立ち販売してください。

    ■応募資格
    ・2日間出店できる方。※1日のみの出店はできません。
    ・イベントの趣旨をご理解いただき、やさしい気持ちをもってイベントに参加してくださる方。
    ・イベントを一緒に楽しく盛り上げてくださる方。

    ■出店料について
    1ブースにつき2日間で8,000円。(イベント当日にお支払いいただきます。)
    ・雨天で1日中止となった場合も出店料8,000円をいただきます。
    ・雨天で2日間とも中止となった場合、出店料はいただきません。

    ■募集ブース数
    ・約30ブース

    ■ブースの大きさ
    ・1ブースあたり2.5×2.5(m)(場所により多少の誤差が生じます。)
    ・ブース内に立てるテントやテーブル等はお貸しできませんので、各自ご用意ください。

    ※出店が決定してからのキャンセルはお受けできません。予めスケジュールを調整のうえご応募ください。

    ————————— ≪応募方法≫ —————————



    ①下の申請書をダウンロードしてください。
    【公募】2019春 規約(word)
    【公募】2019春 規約(pdf)
    【公募】2019春 申請書(word)
    【公募】2019春 申請書(pdf)
    ②必要事項を記入
    ③郵送またはメールで当館までお送りください。

    ※FAXは受付できません。
    ※提出いただいた申請書は返却できません。
    ※インターネットの使用が難しい場合は当館までお越しいただくか、82円切手を添付しご住所を記載した返信用封筒をお送りください。

    【送付先】
    (郵送)〒659-0052 兵庫県芦屋市伊勢町12-25 芦屋市立美術博物館
    「ART MARKETあしやつくる場」出店募集係 宛

    (メール)tsukuruba□shopro.co.jp 
    (□を@に変更し、件名を「2019春 ART MARKETあしやつくる場 出店者募集」としてください。)

    ※3月7日(木)必着
    ※後日、出店抽選結果を郵送でご連絡します。(3月中旬発送予定)
    ※2019年4月1日になっても郵便が届かない場合は当館までお問い合わせください。
    ※抽選結果に関するお問い合わせには一切お答えできません。



    ご不明点がございましたら、お手数ですが当館までご連絡ください。

  • 【まなびはく2018】3月「見えない重力」

    • 開催日:2019年3月10日 ~2019年3月10日
    芦屋市立美術博物館でさまざまなイベントを開催するアートスタディプログラム「まなびはく 2018」。美術家や美術史家、小説家、学芸員と一緒に芸術や歴史の面白さ・楽しさ・難しさなどを発見する講座や街歩きを開催いたします。みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!


    「見えない重力」
    重力の不思議を感じる。見えない重力を見ることが出来る。
    パフォーマンスやワークショップ、アーティストトークで不思議な時間と空間を楽しみましょう。


    ■講師:植松奎二氏(美術家)

    ■日 時:2019年3月10日(日) 13:00-17:00

     

    ■会 場:当館、エントランスホール、講義室、体験学習室

     

    ■定 員:100名

     

    参加無料 / 事前申込不要、直接会場へお越しください。


    【講師紹介】

    植松奎二氏(美術家)

    1947年神戸生まれ。神戸大学教育学部美術科卒業。重力、引力、自然、地球、宇宙といった根源的なもの、原初的なものへの素朴な興味と深淵な眼差しで、鉄や銅など金属による彫刻、映像や生木を使ったインスタレーション、石を削り出した作品等、常に予定調和におさまらない表現領域を創出。国内外の美術館、ギャラリー、パブリック・スペースでの展示で高い評価を得ている。2013年には彫刻作品を対象とする国内で最も権威のある賞「中原悌二郎賞」を受賞する。現在は箕面市(大阪府)とデュッセルドルフにアトリエをかまえ、精力的に制作活動を続けている。

  • 【ザ・コレクション 星のような】学芸員によるギャラリートーク

    • 第1展示室
    • 開催日:2018年12月日 ~2019年2月日

    企画展「ザ・コレクション 星のような のこすこと/のこされるもの」の関連イベントとして、担当学芸員によるギャラリートークを開催いたします。


    日時

    ①2018年12月月15日(土)【終了しました】

    ②2019年1月26日(土) 【終了しました】

    ③2019年2月9日(土)

    全日とも14:00‐ 約1時間(予定)


    会場
    展示室


    参加費
    無料、ただし要展覧会チケット


    申し込みは不要です。お気軽にご参加くださいませ。

  • 【ザ・コレクション 星のような】トークフリーデー

    会期中の毎週水曜日は「トークフリーデー」(会話を楽しむ美術の時間)


    開催日
    12月12日、19日、26日、2019年1月9日、16日、23日、30日、2月6日




    ご家族やお友だちと自由におしゃべりを楽しみながらご鑑賞いただける日を設けました。


    お気に入りの作品を見つけて会話を楽しんでいただこうという取り組みです。


    小さなお子さまとご一緒の方もリラックスして、ぜひご来館ください。




  • 【ザ・コレクション 星のような】ボランティアによるガイドツアー

    企画展「ザ・コレクション 星のような-のこすこと/のこされるもの」の関連イベントとして、ボランティアによるガイドツアーを開催します。



    ボランティアによるガイドツアー

    当館ボランティアが美術館や展示の内容をわかりやすく解説いたします。



    日時
    会期中の水曜日 午後2時から約45分
    *当日はトークフリーデー(会話を楽しむ美術の時間)


    会場
    展示室


    参加費
    無料、ただし要展覧会チケット



    申し込みは不要です。お気軽にご参加くださいませ。