一覧に戻る>
2021年5月26日
【受付終了】2021年度 芦屋市立美術博物館  博物館実習実施要項について 

2021年度の博物館実習について、昨今の状況を踏まえ、
実施可否を慎重に判断し実施することになりました。
しかしながら、安全に実習を執り行う為、徹底した感染対策を講じることに致しました。
以下の実施要項を熟読し、実習に応募いただきますよう、お願い致します。

1 実習期間
 2021年8月17(火)~21日(土) 5日間
 各日 10:00~17:00 ※休憩1時間含む

2 受入対象
  次の(1)~(4)を全て満たす者。
  (1)現在、大学または大学院に在学中で、学芸員資格の取得を目指している者。
  (2)博物館に関する科目のうち、博物館実習以外の全ての科目の単位を実習開始
     までに取得済みもしくは取得見込みであり、大学が適当と認めた者。
  (3)実習期間における居住地または滞在拠点(実家、宿泊施設)から無理なく通う
     ことができる者。
  (4)実習期間の全日程に参加可能な者。 
     ※全日程に参加できない場合、実習時間数不足で単位が認定できなく
      なりますので、ご注意ください。
 

3 受入人数
  5名程度とし、1大学1学部につき2名以内とする。 
  ※応募者多数の場合は選考
  


4 申込方法・募集期間 ※募集終了
(1)受け入れ希望の方は、各大学の教務課を通じて申し込みをお願いします。
   各大学は、2021年6月15日(火)まで(必着)に、以下のとおり依頼文書を
   提出してください。 
  〇博物館実習依頼書
  (学長もしくは学部長名による依頼書 : 芦屋市立美術博物館館長宛)
  〇博物館実習希望者調書
  (各大学所定のもの。ない場合は履歴書とします。)
  〇返信用封筒
  (84円切手を貼ったもの)
  〇課題文「当館で博物館実習を受講希望した理由について」 
     A4用紙1枚以内でまとめ、提出してください。

(2)各大学の実習生の受入諾否については、2021年6月25日(金)をめどに、
   当館から各大学あてに通知します。

5 留意事項
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、
 実習の実施に変更が生じる場合があります。
 以下の項目は必ずご確認ください。

(1)受け入れ承諾後でも、受け入れ条件を満たさないことが判明した場合、受け入れを
   中止する場合があります。
(2)当館への交通費、その他必要な経費(宿泊費等)は学生の負担とします。
(3)実習に際し謝金、参加費等は不要です。
(4)実習中の事故について当館は責任を負いません。傷害保険等については、大学か
   各自の責任で加入してください。
(5)新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、実習を中止にする場合があります。
   ※期間中に緊急事態宣言の発令が行われた場合等は、原則実習を中止します。
    日程の振替も予定しておりません。
(6)実習中、または実習期間直前で参加者・当館スタッフ等で
   新型コロナウイルスの感染が判明した場合、実習を中止にする場合があります。
(7)実習に参加する際、なるべく2週間前から行動記録を残すようにお願い致します。
   また、実習期間中も体調管理の徹底をお願い致します。


6 書類提出先・連絡先
  

  芦屋市立美術博物館 
  〒659-0052 兵庫県芦屋市伊勢町12-25
  TEL(0797)23-2666(直通) (0797)38-5432(代表)
  FAX(0797)38-5434
  メールアドレス:info@ashiya-city-museum.jp
 
  URL:http://ashiya-museum.jp
  博物館実習担当:歴史分野担当学芸員