一覧に戻る>
【ミュージアムエデュケーション研究会2018】みんなの学美場
  • 開催日:2019年1月19日 ~2019年1月19日

ミュージアムエデュケーション研究会2018「みんなの学美場」は、明石、神戸、阪神間の美術館や博物館等12の文化施設が連携し、ミュージアムを活用した教育の可能性について考える研究会です。
各館の特性を活かして考案された多彩なプログラムを通してみんなで学びあいませんか。
作品や資料等の「もの」と「人」とをつなぐ出会いの場として、また学校や社会での教育の場としてミュージアムを活用いただけることを願っています。



レクチャー「あいするデザイン」


あらゆる場面で出会う様々な印刷物。その全てが誰かの手によってデザインされています。心に残るデザインって?色んな角度からみんなで考えていきます。

■講師:角谷慶(グラフィックデザイナー)

 

■日 時:2019年1月19日(土) 13:30-16:00

 

■対象:美術館・博物館、文化施設で実施される教育活動に興味のある方ならどなたでも(高校生以上)

 

■定 員:15名

 

■参加費:無料

 

■申込方法:お電話かFAX、Eメールにて、①お名前・ご所属(ある方のみ)②TEL・FAX(ある方のみ)、③メールアドレスをご記入の上お申し込みください。
芦屋市立美術博物館
TEL 0797-38-5432/FAX 0797-38-5434/ashiya-bihaku@shopro.co.jp

■主催:神戸の文化発信実行委員会

★チラシはこちらpdf(2.26MB)


【講師紹介】

角谷慶(すみやけい)
1980年 和歌山県・日高生まれ。大阪総合デザイン専門学校 イラストレーション科を卒業。卒業後、印刷会社に就職。その後2003年〜2014年までSKKY | iTohenに勤務。2015年に独立、デザインオフィス「Su-」を開設。兵庫を拠点に紙媒体やウェブデザインの分野を中心に活動している。